« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

ぶどうでございますわよ!

みなさん、こんにちは。JOでございますわよ。

Jo20 ここ最近はあたくし、元気にしておりますのよ。昨日はJO姉の英会話のお仕事の日でしたわ。

JO姉、お土産を持ってきてくれましたわ。

Manicua

このぶどう、JO姉の近所の農園でとれた”マニキュアフィンガー”って

名前のぶどうでございますのよ。皮まで食べれてしまう、甘くておいしい

 ぶどうでございますのよ。昨日はEiパンマンも来ていて、3時にJOママと3人でおやつに

食べていらっしゃいましたわ。あたくしも、食べてみたかったわ!

見てくださいな。ほんとに、マニキュアを塗った指のような、ぶどうでございますでしょ?

毎年、この時期に買って持ってきてくれますのが、JOママ楽しみのようでございますわ。

JOママよかったわね。あたくしにも、ひとつ、おすそ分けいただきたかったわ。

                        JOより

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

祝!早実優勝!

21日の月曜日は昼から高校野球決勝戦に釘付けでした。日曜日から続いた再試合で

ついに勝利の女神が微笑んだのは、早稲田実業。でも、両者ともひけをとらない、立派な

試合でした。見ている私たちも手に汗をにぎるような熱戦ぶり。両投手ともお疲れ様と

いいたいような、力投でした。

私は、早稲田実業側をひいきしていたので、優勝が決まった時は思わずやった!と

いってしまった。でも、敵側の駒大苫小牧もあっぱれな戦いぶりでした。

で、その日は早実優勝をお祝いして?というか、ただ、夕食も金曜じゃなかったけど、

手抜きしなくて、作ったのがこれ。

Pumpsoup 冷製パンプキンスープ、と、

Ratatuyu ラタトゥーユ丼。

暑い夏にはぴったりかなと思ったけど、ラタトゥーユに

鶏肉を加えるのを忘れてしまったので、

Eiパンマンから、BOOingもでてしまいました。ちょっとあっさりしすぎていたかしら?

早稲田実業の高校生のみなさん、本当におめでとう!

今は、ゆっくり休んでくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

燃えた!萌えた!熱い夏!

14日~16日はEiパンマンと東京へ旅行しました。第1の目的はタブラオがあって、有名スペイン人ダンサーの踊るスペイン料理屋”エルフラメンコ”へフラメンコ見に行くことでした。”エルフラメンコ”は新宿、伊勢丹会館内にあります。7月中旬と早めに予約しておいたので、席は一番まん前!

Flamenco2 エルフラメンコは今年で創立40周年で、日本ではじめてできたタブラオなので、ダンサーも”ドミンゴ・オルテガ舞踏団”がきてました。

今回のカンテ(歌)は女性だったけど、迫力あったし、バイレ(踊り)、サパティアード(足を踏鳴らす)も早くて、情熱一本って感じでした。

私も、サングリアがよろしくまわって、心から燃えた!ホント、もやもやとしたことが、

ぱっと燃え尽きてなくなってしまうような、ストレス発散でした。

日本の夏は湿気が多いのが難点だけど、熱いカンテやギターやパルマ(手拍子)などの

生演奏に、バイレを見ながら情熱的なフラメンコを見るのは、最高!

あと、この日の昼間はもう一つ萌えた場所へ行きました。アキバ。

リュックショックしょって、めがねをかけた、ちょっと不気味というか、個性的な若者の

多い街。メイド喫茶には行く暇がなかったのですが、電気街をぶらぶら歩きました。

Eiパンマンは萌えてました。私?私はアキバは、もういいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

Easy Italian Recipe

先日、イギリス人のイタリア料理研究家の本をアマゾンで買いました。

Easy_italy トマトのキッシュかな?バジルが効いておいしそう!

洋書です。でも、あんまりお食事の写真がおいしそうなので、買ってしまいました。

Easy_italy2jpg トマトベースのコールドスープ。これも、バジルソースがかかっていて、

夏向けです。

我が家のバジルは自分で蒔いたのは、なかなか芽が出てこず、

結局、両方の母からもらいました。ハーブを育てていると、家でちょっとした、イタリア料理するときにも、便利です。我が家はローズマリー、セージ、バジル、ミントがあります。

オレガノも花瓶にいれて、根が出てくるの待っているけど、これは、なかなか出てこない。

イタリアンのおいしい季節になってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »