« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

Giftでございますわよ!

みなさん、JOでございますわよ。こんにちは。

Jo21 実は先日、アメリカ・ケンタッキー滞在中のたっちゃん、しほさんから

JO姉宅にGiftが届きましたの。中にいろいろ珍しいものが入っていましたわ。JO姉、うれしそうでしたの。

Italian_book イタリア料理のレシピ本。

Amegift スターバックスのフレーバーコーヒー、SNYDERSのお菓子(JO姉大好きなのよ。)、BATH&BODYWORKSのハンドソープなどなど。

それは、JO姉、喜んでましたわ。たっちゃん、しほさん、ありがとね。

JO姉は、Eiパンマンにも伝えましたわ。スタバのフレーバーコーヒーを飲むのが楽しみだそうよ。

たっちゃん、しほさん、気が利くわね。あたくし、そう思いますわよ。

JO姉、Eiパンマン、ロケーションフリーをがんばって、セッティングして差し上げて、よかったわ。

さわやかな日が続いてますわね。たっちゃんもしほさんもCOCOちゃんも元気に

過ごしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

イタリア料理教室Ⅳ

昨日はイタリア料理教室でした。まだまだ、残暑も厳しいということで、先生から、夏のメニューを教わりました。

Jenobezejpg 手打ちパスタのペストジェノベーゼ。リグーリア州(州都ジェノバ)のパスタ。バジルをふんだんに使って、今回は手打ちパスタに挑戦しました。

バジルソースの中には松の実、にんにく、パルミジャーノ、オリーブオイルをフードプロセサーにかけます。

Caponata カポナータ。フレンチだと、ラタトゥーユになります。シチリアのアンティパスト。味付けに、ワインビネガー、ケイパー、砂糖が入ってます。

シチリア料理では、砂糖を使うことがあるそうです。イタリアンでは、珍しいですよね。

手前は、先回の残った、生ハムにイチジクを添えたもの。夏のこの時期はイタリアでは、メロンの代りにイチジクを添えるそうです。

Purunetarute プルーンのタルト。今回、先生が作って持ってきてくれたデザートです。

プルーンのタルトは私も、初めていただきました。毎回、先生、お忙しい中、作ってきてくれます。私たちは楽しみ☆☆。

今回のパスタは手打ちでしたが、手打ちパスタは北イタリアでよく食べられるそうです。

南は乾麺を使用するそうです。

ちょっとした、イタリア豆知識や、イタリアの郷土料理を教えてもらえるので、毎回楽しんでます。だいぶ、イタリア料理の味付けの特徴もつかめてきました。ちょっとは、料理の腕が

あがったかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

バトン

PUG姉さんからバトンを受け取りました。回しますので、よろしくね。

① 回す人を最初に書いておく(5人)

   しほさん

② お名前は?

   JO姉

③ おいくつですか?

   32歳

④ ご職業は?

   英会話の先生と、JOのお姉ちゃんと、Eiパンマンの奥さん

⑤ ご趣味は?

   JOをなでなですること、踊りまくること。

⑥ 好きな異性のタイプは?

  ジャック・スパロウ

⑦ 特技は?

  盆踊り

⑧ 資格、何か持ってますか?

  英語、スペイン語。

⑨ 悩みはありますか?

  JOとEiパンマンとどちらの方が好きか不明になること。

⑩ お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?

  好きな食べ物:パスタ  嫌いな食べ物:しゃこ

⑪ 貴方が愛する人へ一言

   JOもEiパンマンもずっと元気に明るくネ。

⑫ 回す人を指名すると同時に、その人の紹介を簡単にお願いします。

  しほさん:ボーダーコーリーのCocoちゃんの良きマスターです。

        よろしくね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

イタリア料理教室Ⅲ

昨日は朝からイタリア料理教室でした。昨日作ったのは、スパゲッティ・ブッタネスカとサルティンボッカ。スパゲッテぃ・ブッタネスカとは、娼婦のパスタという意味で娼婦が客引きをしている合間に作ったといわれている、ささっと作れるトマトソースのパスタです。

中身はにんにく、唐辛子、アンチョビー、ケイパー、黒オリーブが入っていて、ケイパーの

酸味と黒オリーブのコクのでたトマトソースでした。

Italia サルティンボッカはローマ地方の料理で”口の中に跳びこんでくるような・・・”という意味がある名前です。

豚フィレ肉をたたいて薄くして、塩・こしょうして、セージの葉を生ハムを上にして、フィレ肉の間にはさんで、バターでこんがり焼きます。

シチリア産のマルサラワインと生クリームでソースを作り、少し煮込みます。

生ハムを使うのはなんとも、豪華。先生は家で簡単に作るのであれば、生ハムでなくても

市販のハムでもOKと言われてました。これも、ソースのマルサラワインのコクが出ていて、おいしかった。

またまた帰ってきたら、Eiパンマンにパスタ作って、といわれてしまいました。

今月は8月が夏休みだった為、再来週にも教室があります。

今度は何を作るのかな???楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »